Oerbierman
03-3526-2321

oerbierman

OERBIERMAN

Oerbier man(ウルビアマン)はベルギー西フランダース州にある小規模家族経営の醸造所「デ・ドレ・ブルワーズ」(英:The Mad Brewery 日:気の狂った醸造家達)世界初の店舗となります。この店の名前であるウルビアマンとはこの醸造所やこの店舗に住み着くといわれる酵母達です。

弊社直輸入ベルギービール樽生を中心に最大20種、ボトルビールを提供し、ワインはフランスのアルザス、ボルドー地方、スペイン・ラマンチャ地方から直輸入を行っているものを提供。希少な正規輸入アラビア・ウルビア樽生、限定醸造品も随時提供されます。

門崎熟成肉に加えて輸入元直取引のイベリコ豚やジビエなどのグリル料理、ムール貝は宮城県石巻より直接取引のムール貝や季節の魚介を多く提供提供いたします。

デ・ドレ醸造所とは



ベルギーの鬼才、De Dolle Brouwers(デ・ドレ・ブルワーズ)は訳せばThe Mad Brewers(狂った醸造家達)。

1980年、建築を学んでいたクリスら兄弟が醸造所を始めようとしたところ、こんな時代に絶対無理だ、狂っていると多くの人に言われたそう。クリスは画家として醸造所のデザイン、ラベルのデザインも行い、醸造家としても世界から尊敬される人物でもある。まさに鬼才。

西フランダース州でひっそりと家族経営の醸造所を営んでいるが、週末の醸造所見学やウルバールには村の人でごった返すどころか世界中の醸造家か訪れる。クラフトビールで知られるブリュードッグのオーナーでさえここを訪れて感銘を受けている。






NEWS

2018.6.11:夏のコースになりました。

2018.6.11:夏のディナーメニューになりました。

2018.4.1:春のディナーメニューになりました。

2017.11.7:冬のディナーメニューになりました。

2017.9.14:秋のディナーメニューになりました。

2017.6.1:夏のディナーメニューになりました。


Access

〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDXビル1F
月、火、日 11:00~23:00
水、木、金、土 11:00~24:00


03-3526-2321

WEB予約





お問い合わせはこちら

FOOD

「MAIN DISH」

「COLD ENTREE」

「WARM ENTREE」

「SALAD」

「FRITES」

「FISH AND MUSSELS」

「PASTA」

「SNACK」

「DESSERT」

COURSE

当店自慢のグリル料理と厳選野菜を使用した2種類のコース。自社輸入ベルギービールはじめ、ワインやハイボールなど約80種類のドリンクがお楽しみいただけるパーティプランです。ちょっと贅沢にお肉をメインにしたコースと、女性にも嬉しいお野菜中心のコース内容となっています。

「肉グリル3種盛り合わせ ウルビアガーデンコース…5,000yen」

WEB予約

「TOKYO Xと門崎熟成肉のビアガーデンコース…5,500yen」

WEB予約

「黒毛和牛門崎熟成肉とTOKYO X2種食べ比べコース…6,000yen」

WEB予約

「黒毛和牛門崎熟成肉、TOKYO、若鶏のグリルコンボコース…5,500yen」

WEB予約

「80種類飲み放題内容」

※コース、飲み放題は当日15時までの予約制、4名様~承ります。15時以降は店舗まで直接お問い合わせください。
※120分制。ラストオーダーは90分となります。
※テラス席は喫煙の可能です。屋根があり、濡れにくい構造になっていますが暴風雨などはその限りではございません。
※上記理由によりテラス席がご利用頂けない場合がございます。予約状況により店内にご案内できない場合がございます。
※入荷状況により提供内容が一部変更になる場合もございます。
※お酒が苦手な方用のソフトドリンク飲み放題プランもご用意しております。
※お料理のみのコースもご用意しております。詳しくはお問い合わせ下さい。

BEER

自社直輸入による最高級のベルギービール樽生、アメリカ、日本などのクラフトビール樽生を提供。

ボトルビールのラインナップはこちら

本日の樽生はこちら



自社醸造ブランド RIO BREWING & CO. 「リオ・ブリューイング・コー」リオ・ブリューイング・コーはベルギービール名誉騎士の弊社菅原亮平がベルギーにてリオと呼ばれる事から名付けられました。特定の醸造所を持たずにベルギーを中心として醸造を行っており、各醸造所の特別な酵母を利用した個性と共に日本人の繊細な感覚に合わせた上質なビールを醸造しています。ベルギーでの一流醸造所と 共に多くの共同醸造所も手がけ、まさにリオ・ブリューイングは日本とベルギー、そして世界をビールでつないでいく事を目的としています。

riobrewing.jp

Wine

自ら買い付けた直輸入ワインに始まり様々なワインを提供。


「セッピ・ランドマン Seppi Landmann」

(フランス アルザス France Alsace) アルザス南部のスルツマット村の17世紀から続く栽培家の家系で、1982年にセッピがドメーヌを設立し、これまでの慣例に囚われない自由なワイン造りでアルザスの奇才と呼ばれるほどだが、除草剤や殺虫剤を使用しない栽培をしておりストイックかつクオリティの高いワインを作っている。

「ワニョン・D Wagnon D Wine」

(フランス ボルドー France Bordeaux) 弊社が輸入するビール醸造所、Van Steenbergのエクスポートマネージャーであるデヴィッド・ワニョン氏が、ボルドーのブドウ畑を買い付けて立ち上げたワインブランド。伝統的な醸造技術と最新のマーケティングを理解するワニョン氏が、世界中のワイン生産地を見て回り、最も惚れ込んだ「マジックトライアングル」と呼ばれる一帯のブドウで醸造されるワインは、熟成にも耐える力強さと豊かな果実味を備えている。

「ボデガス・ロメロ・デ・アヴィラ Bodegad Romero de Avila」

(スペイン カスティーリャ Spain Castilla) カスティーリャ、ラ・マンチャ州で現在3代目となる家族経営のワイナリーで、寒さの厳しい長い冬と暑い夏が特徴の最適な気候条件と、肥沃な土壌に恵まれた地域で丁寧に栽培されるブドウからは、世界的に高い評価を受ける濃厚で香り高いワインが生まれている。

RESERVATION

RECRUIT



毎日、人と活気で溢れかえり様々な「人の円」を作っていく場所を一緒につくっていくコレガスの応募をお待ちしております。

求人情報はこちら

SOCIAL